小児の目の病気

子どもの目の病気はいかに早く発見できるかが重要です。異常に気づいたら早めに眼科を受診してください。

弱視

弱視とは目そのものには異常がないのに、眼鏡をかけても視力が出にくい状態を指します。原因は、1歳半から8歳頃までの視覚の発達期に視力の成長が妨げられることで起こります。上のまぶたが下に垂れ下がってくる病気です。

原因

斜視があること、遠視や乱視などが強すぎることなどが主な原因のことが多いです。

治療

遠視や乱視があれば、眼鏡で矯正をします。また弱視眼ではない目にアイパッチを貼り、弱視眼を強制的に使うトレーニングをすることがあります。また斜視があれば手術を行ったり、プリズム眼鏡を装用することがあります。

斜視

両眼の視線が同じ目標を見ず、片眼だけ違う方向を向いている状態です。

治療

遠視や乱視があれば、眼鏡で矯正をします。斜視が高度であれば手術を行います。