白内障とは

白内障とは、目の中にあるレンズ(水晶体)が老化などに伴い白く濁ってくる病気です。
白内障は自覚症状がまったくないケースもありますが、年数をかけて少しずつ目のかすみ、視力の低下、まぶしさなどが生じてきます。病状が進行し日常生活に支障がみられる場合は、濁った水晶体を超音波で取り除き、人工の眼内レンズを挿入します。
手術技術の進歩、進化によって以前に比べるとより安全、短時間できるようになりました。
生活に支障が生じ出したら、手術をするのが一般的です。

白内障の主な症状

  1. 視界が全体的にかすむ
  2. 視力が低下する
  3. 光がまぶしく感じる
  4. 暗い明るいで見え方が違う

術前の検査について

当院では以下の検査装置を用いて、白内障手術前の検査を行っています。
術後の見え方を左右するため眼内レンズを選定する検査は最も重要となります。

*誤差がより少ない非接触型の光干渉眼軸測定装置を導入しています

*角膜の形状をカラーマップで表示させる角膜形状解析装置を導入しています。

白内障の治療について

白内障手術では水晶体の濁りを取り除き、透明の眼内レンズを挿入します。手術は痛みも感じることなく短時間で終わります。
当院では白内障手術時の傷口を小さくするため折りたたみ式眼内レンズを使用し、手術以降の乱視や感染症を低減したいと考えています。