クリニックからのお知らせ

新規器械のご案内

「OCTアンギオグラフィー(光干渉断層血管撮影)導入しました(2021年3月)

 網膜の血管を描出するには今まで造影剤が必要でした。造影剤を用いる蛍光眼底検査は、頻度は少ないが死に至ることがあるアナフィラキシーショックや比較的高頻度に起きる患者様の気分不良や吐き気、蕁麻疹などの副作用がありました。また検査時間も20−30分を要することがほとんどでした。

 このOCTアンギオグラフィー(光干渉断層血管撮影)は、造影剤を用いずに短時間で網膜、脈絡膜血管の検査が可能なため、簡便で患者様の負担が少なく、安全に繰り返し検査を行うことができます。


適応1、糖尿病網膜症の早期診断と悪化度の評価

2、網膜静脈閉塞症の早期診断と悪化度の評価

3、加齢性黄斑変性における脈絡膜新生血管の同定や治療効果の評価

4、緑内障患者の視神経の血流評価

5、網膜動脈閉塞症などの様々な網膜疾患、黄斑疾患の診断と治療評価