糖尿病黄斑症

とうにょうびょうおうはんしょう

黄斑は網膜の中央部分にある、私たちが物を見るのに最も大切なところです。
加齢性黄斑変性は、黄斑部に新生血管が生じ、出血やむくみなどにより、中心視力が低下する病気です。

ほうっておくと失明する危険性もあり、欧米諸国では失明原因の第1位を占めています。 日本においても、近年の急激な高齢者人口の増加や生活習慣の欧米化などに伴い、患者数が増加しています。 患者数は男性のほうが多く、喫煙者に多いことが知られています。

糖尿病黄斑症の特徴

加齢性黄斑変性の光干渉断層計

症状

見たい物の中心部分がぼやけたり、物がゆがんで見えるなどの症状が現れます。

治療

黄斑変性症の治療の目的は、病変の元となる新生血管を退縮させて、視力を回復させることです。抗血管新生薬療法、光線力学的療法、レーザー光凝固術などがあります。現在最も有効とされる治療は抗血管新生薬療法です。