黄斑円孔

おうはんえんこう

黄斑(物をみる網膜というカメラでいうフィルムの一番大事な場所)に穴が開く病気です。

黄斑円孔の特徴

黄斑円孔の光干渉断層計

症状

視力低下や変視症(ものがゆがんで見える)などの自覚症状があります。

治療

治療は硝子体手術を行い、眼内にガスを注入します。眼内にガスを注入するため、患者さんには術後3日くらいのうつ伏せ姿勢が必要となります。